Profile

プロフィール画像

宇賀神拓也
Takuya Ugajin

1976年生まれ
早稲田大学第一文学部東洋哲学科卒業。

大学卒業後エチオピアに渡り、日本の中古農業機械のレンタル、販売を行う会社を設立。事業としては3年で頓挫するも、現地で野菜作りを学ぶ。

2011年帰国。2012年より長野県朝日村に移り住み、米野菜、味噌醤油を作りながら、自分が住む村をフィールドに撮影を続け、各地で作品を発表している。村内に構えた暗室完備のアトリエでフィルム写真のプリントから額の製作、額装までを一貫して行う。

 
(過去の展示)
 
2018年6月 “ハイエナの夢” ( gallery201/東京)
2018年11月 “cave” ( GREEN FINDS KAMAKURA/鎌倉市)
2019年5月 “cave” ( 朝日美術館/長野県)
2019年10月 “朝日村の縄文土器展” (朝日美術館/長野県)
2019年11月 ”写真と作陶展” (花琳舎/大分県豊後高田市)
2021年7月 ”かがむ人” (ニコンサロン新宿)
2021年9月 ”JOMON-SPIRAL” (gallery201/東京)
2021年11月 ”JOMON-SPIRAL” (Cy/鎌倉市)
(受賞歴)
2022年 塩竈フォトフェスティバル2022 写真賞 /Nikon賞